第12回 トップバーテンダーの旬レシピ

2022年03月02日

一般社団法人日本ホテルバーメンズ協会 (HBA-Hotel Barmen's Association. Japan)は、 日本全国のホテルバーメンを中核に、本格派バーのあり方とカクテルを中心とした 飲料文化の発展・育成に努めています。 今後もより一層の社会的貢献を目的に、一 般消費者の方々との交流を深め、 より開かれたHBAとなるよう更なる研鑽を積んでいく所存でございます。

■HBAの活動とその目的
本会はホテルバーメン及び飲食サービス従事者の接遇技術の改善等、資質の向上を図り、もってホテル等飲食サービスにおける接遇の充実と内外旅行者の利便の増進に資するともに、わが国の観光事業の発展と国際親善に寄与し、広く一般社会における飲食マナーの向上と明るい飲食文化の構築に資することを目的とする。
(定款第2章目的及び事業第3条より)

日本の春 TEAアレンジのコツ!
ティー・ペアリング tea-pairing & ティー・テイル tea-tail

1. はじめに

業界にてトレンドとなるペアリングは、お店ごとでクオリティが試されてきています。
コロナ禍におけるノンアル市場は、日々「進化」が留まることありませんが、如何に「真価」が伴った商品を提供できるかが、プロの腕が試されるところであります。
バー業態では、アルコールが入っていなくとも酔いを体験できる「モクテル」の質向上に奮闘していますが、実はこれは「茶」と同じく、自然の摂理を活かした効能と味わいを目指しているといっても過言ではありません! 今回お届けするティ―アレンジは、低アルコールのニーズを受け、お酒が飲めないシチュエーションに一助となるよう、茶を運用した「ペアリング&モクテル」にターゲットをおいたものです。

2. ペアリングはワインだけではない!

東洋の医薬として重宝されてきた「茶」は、暮らしの中で育まれ、私たちの仕事と同じく「もてなし」の体現として発展した経緯があります。茶の湯における詳しい知識は、専門記事などをご参考いただくとして、本編では商品となる茶の運用を簡単にご紹介します。

待ちに

……

この続きをお読みになりたい方はログインしてください。

会員ログイン
    
  • E-DASH 新規会員登録は飲食店様に限らせていただきます。
  • E-DASH 新規登録に関するお問い合わせ等は contact@enomotonet.com までメールにてお尋ねください。