ワインテイスター/ソムリエ大越基裕の”Wine Trend”「今年の抱負」

大越 基裕

ワインテイスター/ソムリエ
国際ソムリエ協会 International A.S.I Sommelier Diploma WSET Sake Level 3 & Educator

渡仏後2001年より銀座レカンソムリエ、2006年より約3年間再渡仏し栽培、醸造の分野を学ぶ。帰国後同店シェフソムリエに就任。2013年6月ワインテイスター/ワインディレクターとして独立。世界各国のワイナリーやレストランを周りながら、最新情報をもとにJapan Airlineや有名レストランからカジュアルレストラン、インポーターなどへのコンサルタント、講師や講演、執筆などもこなしてワインの本質を伝え続けている。ワインだけでなく日本酒、焼酎にも精通しており、ワインと日本酒を組み合わせた食事とのペアリングには最も定評がある。外苑前にモダンベトナム料理店An Diもオープンさせており、"日本でしか楽しめないベトナム料理"、"ボーダーレスな楽しみ"がコンセプトで、世界中のワインと国酒を提供している。

2022年の抱負

皆様、明けましておめでとうございます。
2020年から引き続き、とても厳しい年となった2021年でしたが、年末に少し活気を取り戻せたことで、今年の希望を持てたように感じております。

しかし、レストランといたしましては、お客様の外食回数は以前より少なくなっていると見られ、ファンベースをしっかり作っていくことが引き続き大事になってくるでしょう。すべての食事とお酒を楽しむお客様のために、ワインの産地やスタイルにボーダーを引かず、日本酒や焼酎も従えた、魅力的で印象に残る食事、ペアリングの提案が今後より重要となり、ファンを惹きつけることに繋がる一つの手段と言えます。さらに近年のSDG’sやサステナビリティといった取り組みは、ワイン業界、レストラン業界にも必要とされており、世界中で起きている自然災害、フェアトレード問題、オーガニックアプローチやCO2排出問題など、様々な観点からワインを見つめ直して、自分の関わり方を考えていくことが将来に繋がる大切なことです。

今年も、新しく魅力的なワインやペアリングの情報発信を中心にしながらも、ワインを取り巻く様々な環境問題に対しても言及し、皆様のワイン……

この続きをお読みになりたい方はログインしてください。

会員ログイン
    
  • E-DASH 新規会員登録は飲食店様に限らせていただきます。
  • E-DASH 新規登録に関するお問い合わせ等は contact@enomotonet.com までメールにてお尋ねください。