第9回 日本酒ジャーナリスト 山本洋子のSake Style

山本 洋子(やまもとようこ)

日本酒と食のジャーナリスト、地域食ブランドアドバイザー

鳥取県境港市ゲゲゲの妖怪の町生まれ。雑誌編集長として郷土食、長寿食、マクロビオティックの本を編集。伝統的調味料や酒、発酵文化を紹介する。独立後、地方に埋もれた日本の食の宝応援をライフワークに。講演活動や地域食ブランドアドバイザー、日本酒と食のジャーナリストとして全国へ。著書に『純米酒BOOK』グラフ社『厳選日本酒手帖』『厳選紅茶手帖』『ゼロから分かる! 図解日本酒入門』 世界文化社。週刊ダイヤモンドで『新日本酒紀行地域を醸すもの』連載中。 https://diamond.jp/category/s-japanesesakejourney
モットーは「1日1合純米酒!」朝日カルチャーセンター新宿教室で純米酒と紅茶講座を開講。総務省地域力創造アドバイザー。境港FISH大使。

特集1.農から始まる酒造り。田んぼに情熱を注ぐ酒蔵の純米酒③

日本酒の原料は米と水。ワインは原料ブドウを造り手が栽培するのが基本ですが、米は流通できるため、昔から遠隔地へ運ばれていました。ですが最近は、原料米を自ら地元で栽培する酒蔵が現れました。酒米栽培と醸造を一貫して行う酒蔵。その思いとは?
『農から始まる酒造り。田んぼに情熱を注ぐ酒蔵の純米酒』連載4回目は、神奈川県海老名市の泉橋酒造をご紹介します。蔵元の橋場友一さんの信条は「酒造りは米作りから」。酒米栽培から精米、醸造、出荷までを一貫して行うので「栽培醸造蔵」を名乗ります。秋の田んぼの空を飛ぶとんぼラベルの酒が好評です。

神奈川県海老名市 泉橋酒造

神奈川県海老名市下今泉5-5-1

 
Photo Izumibashisyuzo

「酒造りは米作りから」を信念に、「栽培醸造蔵」を名乗る泉橋酒造。神奈川県海老名市と近隣地区の46町歩(ha)の田んぼで酒米を栽培し、醸造までを一貫して行うのが特徴です。
 休耕田や荒れた田を耕し、環境に配慮した取り組みを行い、減農薬か無農薬栽培で育て、未来へ繋がる地域づくりを目指しています。
 ラベルの赤とんぼは、泉橋酒造の田んぼを

……

この続きをお読みになりたい方はログインしてください。

会員ログイン
    
  • E-DASH 新規会員登録は飲食店様に限らせていただきます。
  • E-DASH 新規登録に関するお問い合わせ等は contact@enomotonet.com までメールにてお尋ねください。