日本酒ジャーナリスト 山本洋子のSake Style「今年の抱負」

山本 洋子(やまもとようこ)

日本酒と食のジャーナリスト、地域食ブランドアドバイザー

鳥取県境港市ゲゲゲの妖怪の町生まれ。雑誌編集長として郷土食、長寿食、マクロビオティックの本を編集。伝統的調味料や酒、発酵文化を紹介する。独立後、地方に埋もれた日本の食の宝応援をライフワークに。講演活動や地域食ブランドアドバイザー、日本酒と食のジャーナリストとして全国へ。著書に『純米酒BOOK』グラフ社『厳選日本酒手帖』『厳選紅茶手帖』『ゼロから分かる! 図解日本酒入門』 世界文化社。週刊ダイヤモンドで『新日本酒紀行地域を醸すもの』連載中。
モットーは「1日1合純米酒!」朝日カルチャーセンター新宿教室で純米酒と紅茶講座を開講。総務省地域力創造アドバイザー。境港FISH大使

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

2021年の日本酒は、原料米、仕込み水、製法、容器、エイジングなど、味わいが一層、多様化すると思います。

普通酒は激減していますが、4合瓶で30万円を超す高額な商品も登場し、その一方で1000円を切る純米大吟醸酒もCVSに並んでいます。

製法面の新しいところでは、酒の発酵過程で茶葉などを投入し、爽やかで複雑な風味の「ボタニカルSAKE」(カテゴリーでは「その他醸造酒」……

この続きをお読みになりたい方はログインしてください。

会員ログイン
    
  • E-DASH 新規会員登録は飲食店様に限らせていただきます。
  • E-DASH 新規登録に関するお問い合わせ等は contact@enomotonet.com までメールにてお尋ねください。