ワインテイスター/ソムリエ大越基裕の”Wine Trend”「2023年の抱負」

大越 基裕

ワインテイスター/ソムリエ
国際ソムリエ協会 International A.S.I Sommelier Diploma WSET Sake Level 3 & Educator

渡仏後2001年より銀座レカンソムリエ、2006年より約3年間再渡仏し栽培、醸造の分野を学ぶ。帰国後同店シェフソムリエに就任。2013年6月ワインテイスター/ワインディレクターとして独立。世界各国のワイナリーやレストランを周りながら、最新情報をもとにJapan Airlineや有名レストランからカジュアルレストラン、インポーターなどへのコンサルタント、講師や講演、執筆などもこなしてワインの本質を伝え続けている。ワインだけでなく日本酒、焼酎にも精通しており、ワインと日本酒を組み合わせた食事とのペアリングには最も定評がある。外苑前にモダンベトナム料理店An Diもオープンさせており、"日本でしか楽しめないベトナム料理"、"ボーダーレスな楽しみ"がコンセプトで、世界中のワインと国酒を提供している。

皆様、明けましておめでとうございます。

2022年は、なんとかコロナの長いトンネルの出口が見えた年でした。しかし、世界が急に動き出したことや、ロシア問題などによって、今までに経験したことのない影響が、ワインの世界にも起こり始めたかと思います。急激な需要増加による供給量の足りなさや、円安の影響、燃料などの値上がりも含めて、ワインの値段はかなり上がっています。それに加え、一部の有名産地の世界的人気による価格の高騰も、止まる様子が見られません。今まで日常だったワインが、非日常なものへと変わっていく中で、2023年はその代替品が今まで以上に求められていくでしょう。実際には、有名産地に負けない質のワインは、世界中に存在しており、日本にもたくさん輸入されています。

今後より広い視野で上質なワインを見つけていく必要性がある中で、私は今年も引き続き、世界中のワインを満遍なくご紹介できたらと思っています。また、昨年は11月に2年半ぶりのスペインにも行くこともでき、注目の産地から新たな情報を得てきました。やはり直に聞ける情報や体験に勝るものは無いなと感じました。今年はまた以前のように様々な産地に赴き、生産者や

……

この続きをお読みになりたい方はログインしてください。

会員ログイン
    
  • E-DASH 新規会員登録は飲食店様に限らせていただきます。
  • E-DASH 新規登録に関するお問い合わせ等は contact@enomotonet.com までメールにてお尋ねください。